人間のフィーリング使い道は意外とアバウト

以前、大阪大学の講習で、アンドロイド分析の先人だという手法のプレゼンテーションをラジオで聞きました。
何でも、マツコ・絢爛のアンドロイドを作ったことがあるのだとか。
その中で、印象的だったことを2・3、とりとめもなく書いていこうと思います。

ベスト印象的だったのは、エレガントとか美少年とか仰る人の形相というのは、人形という、というはなし。
芸能人とか、流行るけど、そういった自身の形相って主流人間味がないらしいです。
そもそも芸能人って、う○こしないとか、そういった納得が手強いですし。

確かにそんなに言われてみれば、そうかもしれません。
聞いていて、もしや芸人が整形して違和感を覚えるのって、こういう力不足なのかもしれない、なんて思いました。

整形して確かに眼が大きくなったりして、素晴らしくなったというんだけど、なぞ妙に違和感があるんですよね。
とりわけ韓国の芸人の自身なんかは、みんな似たような整形をするので、形相がみんなおんなじ感じになってますし...

後は漫画やアニメなどを見ていると、美しさやカッコよさを端的に指しまくっています。
時折心がけるのですが、この手の図形の胸中自分釣り合いを測ってみると、ものすごい端的な釣り合いで描いてあります。
それほど考えると、人物が良いって思う人間像って、いまや人間じゃないのかもしれません。

そしたら、次におもしろかったのは、抱き枕形状ロボットの話です。
抱き枕の中にスマフォが仕込んであって、それを抱きながらコールをするのだそうです。

まったくシンプルなロボットですが、これがすっごく自身を抱いて話しているように感じて、非常に懸念らしい。
男性がこれを抱いて、女子とコールすると、半ぐらいでゆでダコみたいになるのだとか...!

でも、つまるところ、人物は人間らしい流れがなくても、人物を感じられるって訳ですね。
人間の納得アビリティーって、ずいぶんいい加減なのかもしれません。返済が不可能なこともあるので早めの判断で解決しましょう

人間のフィーリング使い道は意外とアバウト