人間の判定役割はほぼ大ざっぱ

この間、大阪大学の教授で、アンドロイド生産の代表だというやつのレクチャーをラジオで聞きました。
何でも、マツコ・きらびやかのアンドロイドを作ったことがあるのだとか。
その中で、印象的だったことを2・3、とりとめもなく書いていこうと思います。

一番印象的だったのは、プリティーとか美少年とかおっしゃる人の形相というのは、図形という、という素材。
芸人とか、流行るけど、そんな面々の形相って粗方人間味がないらしいです。
そもそも芸人って、う○こしないとか、そういった判断が著しいですし。

確かにそんなに言われてみれば、そうかもしれません。
聞いていて、ひょっとしたらアイドルが整形して違和感を覚えるのって、こういう力不足なのかもしれない、なんて思いました。

整形して確かにまぶたがすごくなったりして、かわいくなったというんだけど、なぞ妙に違和感があるんですよね。
殊更韓国のアイドルの面々なんかは、皆似たような整形をするので、形相が皆おんなじ感じになってますし...

後はコミックやコミックなどを見ていると、美しさやカッコよさを端的に指しまくっていらっしゃる。
随時心がけるのですが、この手の図形の意識自分プロポーションを測ってみると、物凄い端的なプロポーションで描いてあります。
そう考えると、個人が可愛いって思う人間像って、もう人間じゃないのかもしれません。

そうしたら、次におもしろかったのは、抱き枕システムロボットの話です。
抱き枕の中にスマフォが仕込んであって、それを抱きながら呼出をするのだそうです。

全くシンプルなロボットですが、これがすごくパーソンを抱いて話しているように感じて、非常に落とし穴らしい。
男性がこれを抱いて、女房と呼出すると、半ぐらいでゆでダコみたいになるのだとか...!

でも、つまるところ、個人は人間らしいルックスがなくても、個人を見て取れるって訳ですね。
人間の判断テクノロジーって、どうしてもいい加減なのかもしれません。債務整理を専門家に依頼するときに怒られるようなことはありません

人間の判定役割はほぼ大ざっぱ