切った葉っぱは光合成を続けるのか

今日、中学一年生の息子と一緒に近くの神社に行きました。休日の宿題として、神社の写生が出たからです。
この神社には大きな木が沢山生えていて、とても気持ちがよいです。秋になると沢山のどんぐりが落ちて、子供たちが拾いにきます。

美しい若葉を見て思いついたのでしょうか、息子が「葉っぱは枝から切っても、光合成を続けるの?」と私に聞きました。即答できませんでしたが、よく考えていみると枯れるまではきっと光合成は続くであろうと返答しました。

水分が吸えなくなって枯れてしまったら、葉の細胞が死んでしまっているので光合成はできなくなると説明しました。

すると息子は「秋になると葉は枯れるけれど、水分は吸っているのでしょう?どうして枯れるの?」悩みながら、寒いからかなぁなどと話しなしたが、自信ありません。

枝からきった葉っぱの光合成は、やはり実験してみないと本当のことは判らないなと思いました。家庭でもそんな実験はできるでしょうか。